阿賀野市・優婆尊〜五頭いこいの森〜村杉薬師の足湯

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCN15834_NEW-2.jpg

 

DSCN15835_NEW-2.jpg

 

DSCN15836_NEW-2.jpg

 

DSCN15837_NEW-2.jpg

 

DSCN15838_NEW-2.jpg

 

阿賀野市五頭に到着!

この日は五頭温泉郷の周辺を散策しました。

 

DSCN15840_NEW-2.jpg

 

DSCN15841_NEW-2.jpg

 

羽黒歓迎塔の清水、冬季は水路が田んぼ用に切り替えられるため出ていませんでした。

 

DSCN15842_NEW-2.jpg

 

DSCN15843_NEW-2.jpg

 

DSCN15844_NEW-2.jpg

 

先ほどの羽黒歓迎塔の近く、優婆尊御霊水が湧き出る優婆尊の横。

冷たく綺麗な自然の水とすぐそばには川が流れていて、風の音が心地よい場所です。

五頭温泉郷周辺ではここが一番鉄分の多い湧き水とされます。

 

DSCN15845_NEW-2.jpg

 

DSCN15846_NEW-2.jpg

 

DSCN15847_NEW-2.jpg

 

DSCN15848_NEW-2.jpg

 

DSCN15849_NEW-2.jpg

 

前回は気づかなかった優婆尊内の右側に階段を見つけ、登ってみようとズンズン進み。

 

DSCN15850_NEW-2.jpg

 

DSCN15851_NEW-2.jpg

 

観音さまが鎮座されており、まだ上があるので進みます。

 

DSCN15852_NEW-2.jpg

 

DSCN15853_NEW-2.jpg

 

DSCN15854_NEW-2.jpg

 

DSCN15855_NEW-2.jpg

 

DSCN15856_NEW-2.jpg

 

DSCN15857_NEW-2.jpg

 

終着点、途中落ち葉が多かったけれど、進むにつれお地蔵さんに番号がいくつも書かれてあったので、なにかの巡礼のような役目があるのでしょうか。

調べたところ、この道は『三十三観音参り』という子宝祈願・安産祈願とされ、御夫婦では子宝、妊婦さんでは下の観音様の前に待ってて旦那さんが御参りをする、という祈願の意味があるそうです。

 

DSCN15858_NEW-2.jpg

 

DSCN15859_NEW-2.jpg

 

DSCN15860_NEW-2.jpg

 

出湯温泉の看板を横に過ぎ、五頭いこいの森に到着!

駐車場に停め、今回の目的である”いこいの森の主”を探しに行きます。

(※駐車場は繁忙期になると有料となるので注意。)

 

DSCN15861_NEW-2.jpg

 

DSCN15862_NEW-2.jpg

 

DSCN15863_NEW-2.jpg

 

DSCN15864_NEW-2.jpg

 

大荒川の川沿いを進み、天然の森林浴に浮かれつつ散策。

五頭いこいの森は初めて来ましたが、大荒川は前に来たことがあり、お気に入りの川スポット。(その時の記事はこちら)

 

DSCN15865_NEW-2.jpg

 

DSCN15867_NEW-2.jpg

 

DSCN15868_NEW-2.jpg

 

DSCN15869_NEW-2.jpg

 

DSCN15870_NEW-2.jpg

 

DSCN15872_NEW-2.jpg

 

DSCN15875_NEW-2.jpg

 

綺麗で迫力のある川のそばに下りて、しばし写真撮影。

 

DSCN15876_NEW-2.jpg

 

DSCN15877_NEW-2.jpg

 

DSCN15878_NEW-2.jpg

 

少し進むと、ちいさな鐘があり、コーンと一鐘。

 

DSCN15880_NEW-2.jpg

 

DSCN15882_NEW-2.jpg

 

DSCN15884_NEW-2.jpg

 

DSCN15886_NEW-2.jpg

 

DSCN15889_NEW-2.jpg

 

DSCN15891_NEW-2.jpg

 

あの大きな木はもしや…

 

DSCN15892_NEW-2.jpg

 

いこいの森の主!

 

DSCN15893_NEW-2.jpg

 

発見。隠れたパワースポットともされ、いこいの森の守護神的存在。

みなぎる力をいただきました。

 

DSCN15894_NEW-2.jpg

 

DSCN15895_NEW-2.jpg

 

DSCN15897_NEW-2.jpg

 

DSCN15898_NEW-2.jpg

 

DSCN15899_NEW-2.jpg

 

五頭いこいの森、4月まで御手洗いは閉鎖されているようで行けませんでした。

私的にちょっと危なかったという感想…。笑

 

DSCN15900_NEW-2.jpg

 

DSCN15901_NEW-2.jpg

 

いこいの森から村杉温泉の方に走り、交流センターうららの森へ到着。

寄り道がてらに寄りましたが、うららの森は3月31日で契約が終了するらしく、お土産・物産や軽食が終了するそうです。

阿賀野市や笹神などの土産物が多く見ていたので、終わるのは少しさみしいですね。

 

DSCN15903_NEW-2.jpg

 

DSCN15904_NEW-2.jpg

 

先ほどのうららの森で(相方さんが)購入した記念タオルを持って、

 

DSCN15905_NEW-2.jpg

 

薬師の足湯に来ました。

 

DSCN15906_NEW-2.jpg

 

DSCN15907_NEW-2.jpg

 

薬師の清水にも触れ、いざ足湯に。

 

DSCN15908_NEW-2.jpg

 

ラジウム温泉で有名な五頭温泉郷は「吸ってよし、飲んでよし、入ってよし」の体に良いことづくめ。

ラジウム温泉の成分・ラドンが空気中に溶け込み、体への自然治癒力が高いとされます。

 

DSCN15909_NEW-2.jpg

 

村杉の足湯は噴出口近くがとても熱い!(※その時々で異なります。)

あっちぇあっちぇと言いながら足湯入り口手前の反対側に移動。

他の足湯に比べては少し熱めだけど、じ〜んと気持ちいい〜。

すぐそばに薬師の湯共同浴場があり、そちらも大人気なため無料足湯にも人が多く訪れます。

 

DSCN15911_NEW-2.jpg

 

DSCN15912_NEW-2.jpg

 

DSCN15913_NEW-2.jpg

 

村杉の温泉旅館や共同浴場があるため、車の行き来も多い。

足湯や薬師堂は右側”止まれ”の道を上がっていくので狭めな道。その上に駐車場があります。

共同浴場は最近NH〇番組で鶴瓶さんが来ていましたね。

 

DSCN15914_NEW-2.jpg

 

DSCN15915_NEW-2.jpg

 

薬師堂からの夕日。

薬師堂には二本根元が繋がった”薬師のめおと杉”があって、(自称)隠れたラブスポット。

 

DSCN15918_NEW-2.jpg

 

DSCN15919_NEW-2.jpg

 

DSCN15920_NEW-2.jpg

 

DSCN15922_NEW-2.jpg

 

DSCN15924_NEW-2.jpg

スポンサーリンク

コメント