五泉市・粟島公園

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCN16283_NEW-2.jpg

 

DSCN16304_NEW-2.jpg

 

DSCN16305_NEW-2.jpg

 

DSCN16306_NEW-2.jpg

 

DSCN16307_NEW-2.jpg

 

DSCN16308_NEW-2.jpg

 

DSCN16312_NEW-2.jpg

 

DSCN16313_NEW-2.jpg

 

五泉市、村松公園の桜をお目当てで向かった途中、粟島公園が見えたので立ち寄ってみました。

 

DSCN16314_NEW-2.jpg

 

粟島公園も桜が満開!学校が近くにあり、体育館や広場が見えます。

 

DSCN16315_NEW-2.jpg

 

DSCN16316_NEW-2.jpg

 

でっかいお地蔵様を発見。

大地蔵尊と書かれた地蔵様は、全国でも珍しい大石でつくられた大石仏。『子安地蔵尊』『下町の大地蔵様』とも親しまれ、現在の加茂市から発見された大石を彫り、数百人の人に運ばれて大川前に安置されたものと言います。

身の丈2.88メートル、座台1.1メートル、蓮華台の囲7メートル。

昭和43年に道路拡張のために粟島公園内に遷座されました。

 

DSCN16317_NEW-2.jpg

 

DSCN16318_NEW-2.jpg

 

DSCN16319_NEW-2.jpg

 

DSCN16320_NEW-2.jpg

 

DSCN16323_NEW-2.jpg

 

DSCN16325_NEW-2.jpg

 

DSCN16326_NEW-2.jpg

 

大地蔵様の横には粟島神社。

ここの御祭神は少彦名命(スクナヒコナノミコト)・大名持命(オオナムチノミコト=大国主命(オオクニヌシノミコト))・莫来戸神(クナドノカミ)がまつられています。

少彦名命は”体はちいさいがとても賢い神さま”であり、穀物の神様であることと医療の道にも優れていたため、大国主命と力を合わせ国土を開発、農耕を奨励された神様といいます。

莫来戸神は、外部からの禍災を阻止する神様といわれています。

ー粟嶋神社の由緒板よりー

 

DSCN16327_NEW-2.jpg

 

DSCN16328_NEW-2.jpg

 

DSCN16329_NEW-2.jpg

 

DSCN16330_NEW-2.jpg

 

DSCN16331_NEW-2.jpg

 

粟島神社に参拝し、近くに水場があったので見てみたら鯉がいました。

 

DSCN16332_NEW-2.jpg

 

DSCN16334_NEW-2.jpg

 

意外とでかい。

 

DSCN16335_NEW-2.jpg

 

DSCN16336_NEW-2.jpg

 

DSCN16338_NEW-2.jpg

 

DSCN16339_NEW-2.jpg

 

DSCN16341_NEW-2.jpg

 

DSCN16342_NEW-2.jpg

 

DSCN16343_NEW-2.jpg

 

DSCN16346_NEW-2.jpg

 

雨が降っていたのに晴れ間が差した天気雨。

 

DSCN16349_NEW-2.jpg

 

DSCN16350_NEW-2.jpg

 

虹が見えました!

 

DSCN16355_NEW-2.jpg

 

DSCN16356_NEW-2.jpg

 

DSCN16357_NEW-2.jpg

 

DSCN16358_NEW-2.jpg

 

村松公園に向かいます。

 

DSCN16360_NEW-2.jpg

スポンサーリンク

コメント