三条市・白鳥の郷公苑〜北五百川の棚田+山神社〜八木神社

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCN16941_NEW-2.jpg

 

DSCN16942_NEW-2.jpg

 

三条市に入り、五十嵐川沿い。

※今回の記事は長いです!写真が多いので飽き疲れたらすみません!

 

DSCN16943_NEW-2.jpg

 

DSCN16945_NEW-2.jpg

 

DSCN16946_NEW-2.jpg

 

DSCN16947_NEW-2.jpg

 

五十嵐川が流れる北五百川地区近く、三条の”しただ郷”地方を巡ります。

まず立ち寄ったのが、新潟を舞台にした映画『ミッドナイト・バス』のロケ地にも登場した、白鳥の郷公苑。

映画では冬の五十嵐川にやってくるハクチョウを間近で見れるシーンがありましたが、今は5月でさすがにハクチョウはおらず。

 

DSCN16948_NEW-2.jpg

 

DSCN16949_NEW-2.jpg

 

DSCN16950_NEW-2.jpg

 

DSCN16951_NEW-2.jpg

 

白鳥の郷公苑では2階から川を眺められる展望台・室内の観察舎があり、この日は川でカヌーを出していた人が集まっていました。

 

DSCN16952_NEW-2.jpg

 

DSCN16953_NEW-2.jpg

 

DSCN16955_NEW-2.jpg

 

DSCN16956_NEW-2.jpg

 

DSCN16958_NEW-2.jpg

 

DSCN16959_NEW-2.jpg

 

DSCN16960_NEW-2.jpg

 

DSCN16961_NEW-2.jpg

 

DSCN16962_NEW-2.jpg

 

DSCN16964_NEW-2.jpg

 

結構流れが速い五十嵐川。

遠くに見える粟ヶ岳にはまだ残雪があるものの、くっきりと見えて絶景です。

 

DSCN16965_NEW-2.jpg

 

DSCN16966_NEW-2.jpg

 

DSCN16969_NEW-2.jpg

 

DSCN16970_NEW-2.jpg

 

DSCN16971_NEW-2.jpg

 

白鳥の郷公苑から車で数分、景勝の八木ヶ鼻を望める道の駅”漢学の里しただ”に立ち寄り。

お昼過ぎともあり、天候も良かったので多くの人がソフトクリームを食べていました。

道の駅内には入り口に入った途端、地元の山菜がとても多く売られており、何十種類の山菜を目にしたあとでドーン!と立派な生たけのこが「掘ったばかりの新鮮だよ!」と言わんばかりに積み上げられていました。おひとつ千円前後。

生たけのこはアク抜きが大変ですが、たけのこご飯にぜひ!

 

DSCN16972_NEW-2.jpg

 

DSCN16973_NEW-2.jpg

 

ドーンと八木ヶ鼻。

200m以上の高さの八木ヶ鼻は、ハヤブサの繁殖地として新潟の天然記念物として登録され、通年を通して見ることができるそうです。この時は姿を望めず…。

八木ヶ鼻のすぐ傍には八木ヶ鼻温泉の”いい湯らてい”があり、お風呂場からの絶景が望めると人気のある温泉です。

 

DSCN16974_NEW-2.jpg

 

DSCN16975_NEW-2.jpg

 

今回の目的地の手前、センターの駐車場と新しいトイレの場所に駐車。

看板もチェックして、目的地に歩いて行きます。

 

DSCN16976_NEW-2.jpg

 

DSCN16977_NEW-2.jpg

 

DSCN16978_NEW-2.jpg

 

のどかでゆっくりとした時間…川や自然の音が気持ちいいです。

晴れてよかった。

 

DSCN16979_NEW-2.jpg

 

DSCN16980_NEW-2.jpg

 

TA・NA・DA!

 

DSCN16981_NEW-2.jpg

 

DSCN16982_NEW-2.jpg

 

遊歩道入り口の看板を見つけ、その通りに進んでいきます。

(※その奥の”入山禁止”は”山菜取りの入山禁止”という看板です!遊歩道は入って大丈夫!)

 

DSCN16983_NEW-2.jpg

 

DSCN16984_NEW-2.jpg

 

ほう…いいですねえ…

 

DSCN16985_NEW-2.jpg

 

!?

 

DSCN16986_NEW-2.jpg

 

ヘビ!

 

DSCN16988_NEW-2.jpg

 

かわいい!

 

DSCN16990_NEW-2.jpg

 

ヘビだヘビだ、と足を開いて木の穴を写真撮っていたら、通りがかった田んぼのおばちゃんから「ああヘビかあ、あたたかいから出てきたんね〜」と良い笑顔で言われました。へへ!不審な格好ですみません!

ちなみに上の写真、カメラを近づけてまぶしいので適当に撮ったのですが、奥に入ったと思った顔がちょっとコッチ向いてましたね!ヘビにも不審な目で見られる!

 

DSCN16992_NEW-2.jpg

 

と、ヘビばかり構っていましたが、今回の目的地に到着!

ここでも絶景ですが、もう少し登ってみます。

 

DSCN16994_NEW-2.jpg

 

DSCN16996_NEW-2.jpg

 

DSCN16997_NEW-2.jpg

 

DSCN16999_NEW-2.jpg

 

水をはったこの田植えの時期に重なり、水田の棚田が美しいと思って来ました。

めちゃおたまじゃくしがいる。

 

DSCN17000_NEW-2.jpg

 

DSCN17001_NEW-2.jpg

 

DSCN17002_NEW-2.jpg

 

日本棚田百選、『北五百川の棚田』!

 

DSCN17003_NEW-2.jpg

 

DSCN17004_NEW-2.jpg

 

DSCN17006_NEW-2.jpg

 

DSCN17007_NEW-2.jpg

 

DSCN17008_NEW-2.jpg

 

DSCN17009_NEW-2.jpg

 

相方さん(黒)で比較。

広々とした風景に遠くの山々が望めて、とてもうつくしい形状。

棚田は初めて見ました。本当に段々につくられていて、なんだか不思議。

 

DSCN17011_NEW-2.jpg

 

DSCN17012_NEW-2.jpg

 

DSCN17013_NEW-2.jpg

 

DSCN17014_NEW-2.jpg

 

棚田の絶景の場所から上の方には”大久保の清水”の案内板が立っているので、行ってみることに。

 

DSCN17015_NEW-2.jpg

 

DSCN17016_NEW-2.jpg

 

DSCN17017_NEW-2.jpg

 

15分くらい進んだ先に清流が流れていました。

この時点で大久保の清水の場所がまだ先かと思い、装備も山の格好ではないので虫や獣も万が一危ないと考え、引き返しました。

最初に登山らしき方が下りてきたのを見たので、機会ある人はぜひ山登りの格好で!

 

DSCN17018_NEW-2.jpg

 

DSCN17020_NEW-2.jpg

 

DSCN17021_NEW-2.jpg

 

田植えシーズン真っ只中。

 

DSCN17022_NEW-2.jpg

 

DSCN17025_NEW-2.jpg

 

DSCN17026_NEW-2.jpg

 

遊歩道入口からぐるりと一周する感じで、行きの反対側の下り。

棚田を見ながら歩いて、東屋で一望し、下ると途中にカタクリの群生地があったので寄り道。

 

DSCN17027_NEW-2.jpg

 

ここの下の葉がおそらくカタクリですが、今は時期が終わってしまったので花は見れず。

後ろの粟ヶ岳を背景に、満開のカタクリの写真が撮れるらしいです。

 

DSCN17028_NEW-2.jpg

 

DSCN17029_NEW-2.jpg

 

棚田、素晴らしい景色でした…。

(※田んぼ及び遊歩道などは私有地なので、荒らしやポイ捨ては厳禁!)

 

DSCN17030_NEW-2.jpg

 

DSCN17031_NEW-2.jpg

 

駐車場のほうに戻ると、すぐ近くに山神社が見えたので立ち寄り。

 

DSCN17032_NEW-2.jpg

 

DSCN17033_NEW-2.jpg

 

DSCN17034_NEW-2.jpg

 

DSCN17035_NEW-2.jpg

 

ほ、ほだれ様…!

 

DSCN17036_NEW-2.jpg

 

DSCN17037_NEW-2.jpg

 

山神社は中に入って参拝させていただきました。

ちょっとカメムシがところどころ落ちていたけど。

 

DSCN17038_NEW-2.jpg

 

DSCN17039_NEW-2.jpg

 

ところ変わって、八木神社に到着!

先ほどの棚田から八木ヶ鼻のほうに戻り、いい湯らていの近く棚田との分かれた道路を反対側に進むとすぐ「←八木神社」という文字が見えてきます。

 

DSCN17040_NEW-2.jpg

 

三条市指定有形文化財『八木神社』。807年創立。稲作・門を守る神の二神+近郷の守護神をまつっているとされます。

 

DSCN17041_NEW-2.jpg

 

DSCN17042_NEW-2.jpg

 

DSCN17043_NEW-2.jpg

 

DSCN17044_NEW-2.jpg

 

”神恵泉碑”と書かれている石碑には「八木やまの こかげ涼しく わき出でし清水は 神の恵みとぞおもふ」とあり、1838年に新田重基が祖先をまつる当地で詠んだ句らしいです。

しただ郷の豊かな自然と、清らかな湧き水が心に潤わさせるような、良い句ですね。

 

DSCN17045_NEW-2.jpg

 

下田の名木。樹齢500年以上の杉で、この神社以外でも見かけました。杉が多く、伸びのびとしています。

 

DSCN17046_NEW-2.jpg

 

DSCN17047_NEW-2.jpg

 

八木ヶ鼻湧水、と書かれた手水舎。

手水の作法をしてから口にしたら、自然の恵みの味がしました!(?)

 

DSCN17048_NEW-2.jpg

 

DSCN17049_NEW-2.jpg

 

DSCN17050_NEW-2.jpg

 

DSCN17051_NEW-2.jpg

 

DSCN17052_NEW-2.jpg

 

DSCN17053_NEW-2.jpg

 

DSCN17054_NEW-2.jpg

 

DSCN17056_NEW-2.jpg

 

境内を散策、本殿で参拝をし、本殿右に登山道が続いていましたが、登山格好ではないことと熊出没注意の看板があったので断念。

神社の近くには川沿いに八木ヶ鼻オートキャンプ場もあり、この日も通りがかったらテントがいくつも立てられていてにぎわっていました。

自然豊かな三条市、あまり来られないけど川も山も田んぼも素晴らしかったです!

 

DSCN17057_NEW-2.jpg

 

DSCN17058_NEW-2.jpg

 

DSCN17059_NEW-2.jpg

 

DSCN17062_NEW-2.jpg

 

弥彦沿いに帰路へ向かう。見慣れた風景、それはそれで安心する。

ありがとうございました。

 

DSCN17063_NEW-2.jpg

 

▽ランキング参加しています▽

応援クリック、ぽちっとよろしくお願いします!

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク

コメント